よくある質問と答え

​​ご使用前に必ずお読みください

何分加熱しますか?

電子レンジで50秒~2分です。

理想は『お風呂の温度』です

取り出した際ぬるく、5秒程経つとじわじわ温かくなるのが理想です。

軽くタオルに巻いて、衣類の上で活用ください。


季節・気候・温度・湿度・体温等によって変わります。

基本『お風呂の温度(40度~42度程度)』でご使用下さい


取り出したときにしっかり温かい場合は

タオルを2枚巻く

少し冷めてから使用する

等の工夫をしてご使用下さい。

​ぬるくていいの?

低温火傷は体温より高ければ起こる可能性があります。46℃の温度が30分~1時間で、50℃だと2~3分、同じ所に当たりっぱなしになる事で起こります。

取り出した時ぬるくても、中は十分に熱いので、徐々に表面に温度が伝わり温かくなります。

​『お風呂の温度』が理想です。

必ずタオルを巻くの?

はい。巻かなくても使用は可能ですが、塩に含まれる水分を利用して湿熱で温めているため、表面がしっとり湿ります。タオルにくるむことで水分によるベタつきを取り除くことができます。

 また、タオルにくるむことで温度の調整も可能ですし、衛生的にも取り換えが簡単です。

ぬるくて物足らない気がします

ありがとうございます。

HokoHokoは誰でも使用できる、低温火傷しない商品を目指しております。


お風呂は体温より少しだけ温かいお湯に浸かり、徐々に徐々に温度が下がります。体の芯が温まっていないとぬるく感じて追い炊きをしますし、体の芯が温まっていればぬるくなっても丁度良い湯加減に感じます。


HokoHokoもお風呂の様な商品です。体の芯を静かにゆっくり温めながら1時間後には30度前後の温度になります。体が温まっていると邪魔にならず、体温と一体化して服を着ているほどに馴染みます。

ただしお風呂と同じで、体の芯や骨が冷えているとなかなか温かさを感じらず、物足らない商品に感じる事があるかもしれません。

その際は追炊きをするように、再度レンジで加温頂くか、上記の温熱グッズの選び方などを参考にして頂き、ご自身にあった温熱グッズをご使用ください。

​自宅と職場では温まり方が違う気がしますがなぜですか?

電子レンジの種類により多少変わります。ご使用の電子レンジで丁度良い加温時間を見つけてください。

​ また、湿度や環境温度、気温により変化します。冬と夏では30秒前後加温時間が変わることもあります。

霧吹きはどの様に使うのか?

表面につく水分は主に塩分が含む水分です。湿度が高い日は水分量が多いため温度も上がり表面がしめりやすく、逆に短時間に2度3度加熱すると、水分が蒸発して若干温まりが弱く感じる事がございます。

その際は霧吹きで片面3プッシュ、両面6プッシュ程霧吹きで水分を足して、加温してください。

同時に表面の水分も加温されますので、火傷にはくれぐれもご注意ください。

濡れてしまった場合どうしたらよいでしょうか?

洗うことは不可能です。
日に干してください。その後固まった
内容物をほぐしてご利用ください。
夜尿等のご心配がある方は、加温後ジップロック等に入れ、その上からタオルなどを巻いてご使用ください。

​​使用期間はどの位ですか?

水に御注意頂いた状態で1年~2年と期限は設定しております。


水につけない限り長くご愛用頂けると思います。制作を始めて3年強。問題解決をしながら改良を進め、現在長い方で1年半、四季を問わずご利用頂いておりますが、問題なくご利用頂いております。

初代試作品に関しましても、使用できる状態です。

当時より素材もより良いものになっております。