HokoHoko HPイメージ2_edited_edited_edited.png

HOKOHOKO
ストーリー

​​ここからは、HokoHokoが出来るまでの話です

 

1・塩灸を知る

鍼灸学校で『塩灸』を教わり、そのなんともいえない気持ち良さと、はっきりとわかるほど、体の力が抜けてリラックスしていく体験に【どの家庭でもこれができたらいいな。絶対に伝えよう】と思いが湧く。


2.自分で回復する体


夏バテがたたり体調を崩した時の事

冷える体  ⇒ ならば温める(塩灸、布団乾燥機・お風呂・食べ物・カイロ等、あらゆる方法で温める)     

こわばった体⇒ ならばほぐす、伸ばす(ストレッチ)と、原始的な方法で鍼灸マッサージの治療を本格的に開始。

『体が温まりだした』『お腹が動き出した』『体の緊張が解放していく』等、徐々に、時には猛スピードで回復していくのを実感。

『体は思うより簡単なこともあるのかも。冷えたら温め、固まったら緩め、バランスが取れてきたら、自分で回復させる力がある』

3.健康・美・成長の融合

ある日鍼灸師として健康について考えていました。

・睡眠・栄養・水分・消化吸収・排泄・リラックス・適度な運動・体温保持、生活環境、動く体、働く内臓・・

またある日、美容師として根本的な美しい肌ときれいな髪について考えていました。

・睡眠・栄養・水分・きれいな空気・健康・排泄・腸内環境『あれ、同じ?』      

すると親友の保育士が『赤ちゃんが育つ・子供が成長する事も同じだね』

【健康・美・成長は同じなんだ】



4.そうか副交感神経だ

とはいえ何ができるんだろう???

栄養・運動・きれいな空気や環境作り、、、これは専門外。リラックス・消化吸収・働く内臓、、、『そうか!副交感神経優位だ!!(詳しくはブログをご覧ください)』


 副交感神経を働かせるには、、朝日を浴びる、散歩、美味しいものを食べる、軽いストレッチ、睡眠、呼吸、音楽を聴く、ペットと過ごす、ヨガ、瞑想、入浴、体を温める、笑う等、、、私に何ができるんだろう


【副交感神経を優位にする】

5.『温める』にたどり着く


そういえば、鍼灸指圧マッサージ師の旦那さんと知り合って以来、彼は一貫して『温めて回復』に強い信念がありました。そのお陰と自身の体調不良を悪化させた反省から『温める』今でいう『温活』は生活の中に溶け込んでいました。しかしなぜ旦那さんは『温める』事を一筋に貫いているのだろう。そこで旦那さんに尋ねました。


『いくらでもある健康法の中で温める事を貫くのはなぜ?』

 

『湯治だよ。』

 
大浴場

​湯治とは

湯治とは『温泉に入って病気などを治療すること』とあります。古くから日本に伝わる治療法で衛生・医療がまだ発達していない時代、病気の回復を期待し、1週間~3週間もの間、飲泉や入浴での温泉療法が試されていました。

 

【物理的効果】                                                                        

◎湯につかる事での水圧によるマッサージ効果                  

◎浮力により体が軽くなることにより筋肉や関節の負担を軽減           

◎温熱効果により、体温上昇による血行促進                   

◎新陳代謝向上による体内の老廃物排泄促進  等                

【自律神経の刺激】                                                                                                                                                        

◎温泉成分による薬理効果                           

◎42度程度の温度で適度な緊張を与え交感神経を刺激                 

◎又は38度程度のぬるい温度でリラックス効果を促す  等            

 

最も本当の湯治のようにカイロでは水圧や浮力・薬理の効果は有りませんが、体温の上昇により血行の促進をしたり、体温の上昇による免疫力向上へつながります。

人肌程度の低温ならばリラックス効果が期待できます。

それだ。温めよう。副交感神経が高まれば​内臓が働く=消化吸収・排泄・呼吸につながる=自然治癒力があがる=健康・美・成長すべてにつながる

塩灸に繋がった!

 

​HOKOHOKOの種

m_DSC02815-1.jpg
 

早速『塩灸』を多くの方に活用して頂だこうと、お灸教室を開催。

=問題に出会う=

1・けむり 

 お灸は煙が出ます。せんねん灸程の大きさの物ならたいして気になりませんが、塩灸は心地よい反面、大きなもぐさを使用するため、煙く、お部屋もいぶされた煙の臭いが充満してしまいます。

2・火に慣れていない

 オール電化、仏壇がない、たばこの電子化、と家庭内に火がない(ライターさえない)家が増え、火をつけるのがなんだか怖いという声聞くようになりました。


3・火傷のリスク

 塩灸は『火』を使うため、じわじわ温まりながら、どんどん温度が上昇していきます。温まってきた体と温まっていく塩で熱くなることもあります。自分で動かせる方なら冷えている所や温めたい場所に移動したり、取り外したり出来ますが、火傷のリスクも。

4・使う人を選ぶ

 結果、自分の意志で動かせない人には使用しにくい。気持ちがいいけど使う人を選ぶ。

むしろ、自分の意志で動かせないような人が毎日気持ち良いといいのに。

5・寝ながら使えるお灸が欲しい

子供にお灸をするとしたら、仏壇用程度の細さの線香を体から2~3㎝の所にに2~3秒程近ずける程度です。糖尿病の方が火傷をすると重症化することがあるため、やはりお灸はしません。皮膚の弱い方、皮膚感覚が麻痺や鈍麻している方のお灸も相当慎重に行います。

誰でも使えて、何度でも使える、安全で、経済的で、寝ながらでも使える、塩灸のように気持ちいいカイロを作りたい!

 
Coral Reef Island_edited.jpg
pixta_17400905_L.jpg
HokoHoko HPイメージ6_edited_edited_edited.jpg
HokoHoko HPイメージ5_edited_edited.jpg
IMG_20210629_114127_edited_edited_edited_edited.jpg
IMG_20210629_140120_edited_edited_edited_edited_edited_edited.jpg
 

そして生命の源『海』の成分で


①火を使わない

②煙が出ない

③低温火傷のリスクを減小

④誰でも使用できる

⑤寝ながら使える

⑥繰り返し使用出来る

​⑦臭い・カビ・虫の心配がない

⑧温度低下には霧吹きでの再生が可能

⑨最後は海に還す事が出来る

​『海のカイロ HokoHoko』が誕生しました

 
IMG_20210629_140424_edited_edited.jpg

5年の月日を経てHOKOHOKOは​完成いたしました

​​ご自宅の電子レンジ(500~600W)で『お風呂の温度(42度前後)』程度になる丁度良い加温時間を見つけてご使用下さい

時期により変化しますが電子レンジ(500~600W)

夏は30秒 真冬は1分45秒程度を目安に​温めて下さい。

取り出した時『ぬるい』程度でOKです